最新更新日:2020/10/29
本日:count up292
昨日:164
総数:183171
10月29日(木)秋晴れです。学問の秋。スポーツの秋。読書の秋。いろんなことに挑戦してみよう。本日から三者面談を実施いたします。保護者の皆様には、ご多用の中、ご来校ありがとうございます。

8/22 ゆっくりと、だんだんと。

画像1 画像1
 残暑が続く毎日。来週から2学期が始まる。
まずは学校生活の習慣を取り戻そう。ゆっくりとだんだんと皆で前に進む。危険な暑さである。水分をしっかりとる。たいがいのことはどうにかなるものである。

8/18 次へ

画像1 画像1
 心に決めた読書の旅にも出れずに、あっと言う間にお盆休みを終えた。過ぎてしまったことは仕方がない。次の準備へと進む。
 生徒にとっても貴重な夏休み。例年とは異なり来週から2学期が始まる。だんだんと身体を慣らして規則正しい生活を習慣にしてもらいたい。そして習慣には強制が伴うものであろう。

8/16 残暑お見舞い申し上げます

画像1 画像1
 セミの季節。真夏である。卵から幼虫になり蛹になって成虫になるのに数年かかり、成虫での寿命は1週間ほどという。今日聞くセミのなき声は、セミにとって今日限りのドラマであろう。時間を大切にしなさいと教えてくれているのかもしれない。
 かつて経験したことがないほどの雨とか、危険な暑さというワードをここ数年毎年聞いているような気がする。もう経験している。
 地域・保護者の皆様にはくれぐれもご自愛いただきたい。
 

8/14 さるすべり

画像1 画像1
 グランドの「さるすべり」の花がずっと咲き続けている。漢字で書くと「百日紅」というらしい。なんとなく分かるような気がする。また猿も滑るほど木の幹が滑らか。自分が小学生のとき、この木に登り、猿に勝った!と言ったこと。亡くなった祖母から、この木がよく咲く年は豊作だよ。と聞いたことを思い出した。人それぞれ。何気ないことが夏の思い出になる。

8/11 宿題

画像1 画像1
 読書の旅に出ようと準備は万全なのだが、残念ながら知らないうちに意識がなくなる。気が付くと時間だけが過ぎている週末であった。
 さて、生徒諸君。夏休みの宿題はどうであろうか。計画的に少しずつやっていく。すべてでなく、8割完成を目指してすべての教科に手をつける。時間との勝負。お互い頑張ろう。

8/9 マスク

画像1 画像1
 昨日は出先でマスクの紐が1本切れる。コンビニに寄って買おうとしたが売り切れ。仕方がないのでレジの方にお願いしてセロテープを2センチほどいただき顔とマスクを貼り付ける。少し恥ずかしいが、とっさの判断で2時間もった。予備のマスクをいつも持っていることを学ぶ。
 この連休も部活の練習や3年生大会で頑張っている生徒がいる。厳しい暑さの中でのマスク着用は結構大変。規則正しい生活とこまめな水分補給、そして予備のマスクで乗り切って欲しい。

8/7 とうもろこしごはん

画像1 画像1
 食は命。コロナ禍で何をするか。いつもしないことをする夏休みにすべく、「とうもろこしごはん」を作ると心に決めた。美味しそうである。簡単そうである。レシピはHPに栄養教諭が掲載ずみ。
 夏休み、育ち盛りの中学生がいるご家庭はさぞ大変のことと推察する。是非、本校おすすめのレシピで、我々大人がこの夏を元気に乗りきりたいものである。

8/6 学習教室

画像1 画像1
 毎日、副校長とコンビニ弁当を買いに行く日常が続いている。窓を全開にしているので、クーラーをつけても暑い。地域の皆様が先生として来校し、生徒に勉強を教えてくださっている。私も学習教室の中に入るのだが、√の入った計算がよく分からない。なので、困っている生徒を見つけては、地域の方を呼ぶ仕事をこまめにしている。働き方は様々あっていい。地域の皆様に感謝である。
 
 

8/4 暑中お見舞い申し上げます

画像1 画像1
 ♪暑中お見舞い申し上げます。♫
と言っても一緒に歌える生徒は誰もいない。やっと夏らしくなった。日本の夏である。自分の好きな夏は、蚊取り線香と朝夕のヒグラシ。しかし、最近は朝からセミがなく。蚊取り線香でウイルスもやっつけて欲しいと願いつつ校長室で使っている。結構煙い。
 地域・保護者の皆様には暑さ厳しい夏、くれぐれもご自愛いただきたい。

8/1 時代

画像1 画像1
 昨日は終業式の後も各種研修会を3本。会議も3つ。職員は分刻みで動く。その中で全職員でパソコンを使って、「google classroom」の研修会を行う。完全に落ちこぼれている。副校長と二人で、ぼっーとしている間に終わった。もっと優しく教えてほしい。
 1年生の6クラスが、今年度はじめて、全員でグランドに集まることができた。天気が上がって本当に良かった。室内では2学級以上集めないという制限を守りながらも、いろんなことを工夫してやっていく。

7/30 ちゃんとする

画像1 画像1
 1学期の三者面談。ご多用の中のご協力に感謝申し上げたい。
 さて、今週は45分で4時間授業。授業の終了が12:15。なんやかやで最終下校は午後1時近くなる。生徒もきっとお腹が空く、集中力も続かない。だからこそ、規則正しい生活は大事。ちゃんと食べる。ちゃんと起きる。そして寝ることで、集中して話を聴ける。黒板を見つづけることができる。丁寧に字を書くことができる。これは大人も同じこと。日々反省である。

7/26 天気の子

画像1 画像1
 落とし物ロッカーの中に、だいぶん前から入っている文庫本がある。「天気の子」左の写真で分かるであろうか。
 その本のとおり雨が止まらない。例年の梅雨明けより今年は遅れている。
 自然の力には逆らわず、傘を持って暮らすしかない。この雨でウイルスもきれいに流してくれればいいのにと思う。毎日の雨や感染者数の増加で気分が落ち込みがちであるが、そんな時だからこそ、学校で通常どおりに授業をやっている日常を大切にしたい。本はよく見たら「君の名は」であった。

7/25 晴耕雨読

画像1 画像1
 強い雨や強風・突風で気になるのはグランドの木々や校舎である。副校長は、雨の強さで校舎内の雨漏りする箇所を完璧に把握している。すごい。多くの生徒を預かる学校は、体育館も含め耐震工事も入り頑丈ではあるが、やはり老朽化は否めない。樹木も然り。頑張れ!と桜の木々に話しかけている。
 今年は梅雨が長い。晴耕雨読といきたいところだが、そんな時に限り関係ないことでせっかくの時間が過ぎていく。生徒のことばかり言えない。
 

7/21 旅にでる

画像1 画像1
 大きな流れの中で、東京都からの外出を自粛するような方針が示された。仕方がないのでこの夏、私は読書の旅にでる。好きな本に囲まれて自分の時間を過ごせたら、こんな幸せなことはない。
 学校の図書室や図書館には、多くの本がある。安上がりでいい。一人旅もいいものである。

7/18 雨にも負けず

画像1 画像1
 梅雨である。晴耕雨読。昨日の部活動保護者会では、多くの保護者の皆様のご参加をいただき感謝申し上げたい。6時間目の授業が終わり、通常どおりでは生徒の下校時刻と保護者の来校時刻が重なるため、生徒は昼休みに掃除と帰りの会を済ませ、6時間目の終了時刻ど同時に下校させた。皆で知恵を出し合い、工夫しながら、6時間の授業も行って、さらに密にならない。こんな小さな積み重ねをこれからも大事にしていく。
 

7/14 6時から男の‥‥。

画像1 画像1
 昔、5時から男の‥‥というコマーシャルがあったが、二中は6時から‥‥である。男女関係なく部活を終えた職員が、職員室に戻ってくる時間がだいたい午後6時。この時間から賑やかになる。今日は副校長も出張ら戻ってきた。明日からも、元気に7月後半を迎えたい。
 

7/13 ちょっとずつ前に行こう

画像1 画像1
 期末テストも終わり、今、忙しさのあまり職員室は殺気だっている。なので私はそっーとしている。お陰様でいつも学期末を迎えることができた。ありがたい。
 やっと、だんだんと社会が動き始め、プロ野球やJリーグなど観客を入れての試合となった。学校もだんだんと戻りつつある。部活も放課後学習教室も始まった。しかし油断は大敵。写真は3年生学年目標。そのとおりである。いつも危機感をもって臨みたい。

7/4 雨が止みますように

画像1 画像1
迅雷風烈には必ず変ず。
孔子は、凄まじい雷や激しい風の時には、必ず居住まいを正しいて謹慎された。という。しかしながら、九州ではそんな余裕もない程の大雨である。これ以上災害が大きくなりませんようにと切に願う。
 写真は昨日のグランド。生徒が元気に活動している。自然の前では人間の生活は無力であるが、多くの命をあずかる学校では、日頃から様々な避難の訓練を、真剣にしなくてはならない。

7/1 文学部魂

画像1 画像1
 本校には文学部出身の職員が3名いる。校門の前の一句の作者たちである。週1ペースで回ってくるので結構大変らしい。私は文学部魂を市民や生徒に魅せろ!と言っている。
 さて、ここで問題。作者の正直な気持ちを述べているのもはどれか。次から選べ。
 
 
 ア 日本語を大切にし俳句と短歌の違いを授業でしっかり教えたい
 イ これぞ国語科教師の神髄。素晴らしい機会をもらって感謝したい。
 ウ はやく自分の番が回ってこないかな。うずうずする。
 エ 校長に言われたので仕方がない。
 
 難問である。作者に聞いてみよう。

6/29 コロナ禍による新しい生活

画像1 画像1
 週末のたびに涼しいマスクを買いにいくがいつも売れ切れ。あと少しで梅雨があけ夏を迎える。少しでも涼しいマスクをと願っている。相手の表情が見れる透明のマスクもいいかもしれない。つけているのか、いないのか分からない!眼鏡やカツラのCM のようなマスクの開発を望む。
 でも、暑いからと言って不機嫌にならずに、マスクの下はいつも笑顔でありたいものでる。(写真:本日の保護者会より 参加ありがとうございました。)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事等
8/28 給食始
地域・保護者関係
8/28 保護者会(G組)

お知らせ

学校だより

保健だより

給食レシピ

進路だより

小平市立小平第二中学校
〒187-0031
住所:東京都小平市小川東町1丁目17番1号
TEL:042-341-0244
FAX:042-341-1962