最新更新日:2020/05/31
本日:count up310
昨日:277
総数:149678
令和2年5月31日(日)今日、誕生日を迎える二中生は2名います。おめでとうございます!

12/22の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、りんごジュース、ポークピラフ、野菜スープ、フライドチキン、ブロッコリーサラダ、クリスマスケーキです。

 今日は、クリスマスに合わせた献立です。クリスマスに食べる料理は、国ごとに違います。例えば、イギリスではターキー(七面鳥)、北欧ではユールシンカと呼ばれる豚肉のハムを食べます。
 日本は、ローストチキンやフライドチキンなどの鶏肉料理を食べることが多いですね。
給食では、こしょうなどの香辛料と塩、しょうゆ、白ワイン、にんにく、しょうがで下味をつけたフライドチキンにしました。
 今日で2学期の給食は終了です。ありがとうございました。
 3学期は1月10日から開始になります。良いお年をお迎えください。

12/21の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、豚汁うどん、さばのゆずみそかけ、冬至ぜんざいです。

 献立は、12月22日の冬至に合せた献立です。冬は植物が枯れ、日照時間が短いため、食料が手に入りにくくなるなど、昔の人々は不安を感じていました。そこで、無病息災を祈るために、冬至には貯蔵しておいたかぼちゃを食べて栄養を補給したり、ゆずを入れたお風呂に入って、その香りで邪気を払ったりする風習があります。実際にかぼちゃは、緑黄色野菜なのでカロテンなどの栄養も豊富で、糖質も多いため、冬の貴重な栄養源でした。

12/20の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、うず巻きパン、米粉マカロニスープ、ハンバーグ照り焼きソースかけ、肉野菜炒めです。

 主菜のハンバーグは給食センターの手作りです。油で炒めた玉ねぎ、豚ひき肉、豆腐、卵、牛乳、パン粉、調味料をよくこねて、小判型に整え、焼き物機で焼きました。 ハンバーグを作るときのコツはいくつかありますね。たまねぎを炒めた後は、平らなところに広げてよく冷まし、焼く時は真ん中を少しへこませると火の通りがよくなります。

12/19の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、カレーライス、もやしとチンゲン菜のサラダ、みかんです。

 カレーのルウは、小麦粉、バター、油、カレー粉から手作りしています。黒こしょうをきかせて作りました。
 サラダのドレッシングは、給食センターの手作りです。中華風の味つけにしました。

12/18の給食

画像1 画像1
 今日の給食は、牛乳、ソイそぼろ丼、さつま汁、りんごです。

 主食は、ゆでて細かくきざんだ大豆を豚や鶏のひき肉と一緒に使用したソイそぼろ丼です。大豆は、他の動物性の食品に比べると低エネルギーではありますが、たんぱく質やカルシウムが多く、食物繊維も豊富です。カルシウムや食物繊維は、日本人に不足しがちな栄養素なので、大豆や大豆製品を普段の家庭料理に取り入れると良いです。
 

12/15の給食

画像1 画像1
 今日の給食は、牛乳、ごはん、みぞれ汁、鮭のちゃんちゃん焼き、ひじきの煮つけです。
 汁物のみぞれ汁は、大根おろしをたっぷりと汁に加えています。大根おろしが汁に混じった様子が、みぞれまじりの天気のように見えることから名前がついています。大根おろしを汁に入れると、汁が冷めにくくなるので、寒い時期にぴったりの料理です。しょうがをすりおろしたものも加えています。

 主菜の鮭のチャンチャン焼きは、魚と野菜を鉄板で焼いた北海道の石狩地方の郷土料理です。チャンチャン焼きの名前の由来は、北海道では鉄板で焼く時に「チャンチャン」という音がするという説や、ある言葉の方言と言われています。

12/14の給食

画像1 画像1
 12月14日の給食は、牛乳、担々麺、野菜サラダ、フルーツ白玉です。

 坦々麺は、天秤棒に七輪、鍋、麺、調味料、食器、洗い桶などをつるして、担いで売り歩いた料理で、汁がない辛い麺です。担ぐので、本来の「たんたん」の漢字は手へんが正しいですが、日本に伝わった時に今の漢字も使われるようになりました。また、最近は汁なしのものもありますが、日本では汁の多い坦々麺が主流です。
 副菜のサラダは、給食センターの手作りのドレッシングで和えました。はちみつを使ったドレッシングです。

12/13の給食

画像1 画像1
 12月13日の給食の献立は、牛乳、ごはん、みそ汁、揚げ豆腐のそぼろあんかけ、いり鶏です。

 主菜は、豆腐がメインの揚げ豆腐のそぼろあんかけです。豆腐をよく水切りしたものに片栗粉をまぶし、油で揚げます。その上に、豚ひき肉、長ねぎ、にんじん、しいたけとだし汁、しょうゆ、砂糖でつくったあんをかけました。
 今日のようなごはんとみそ汁の組み合わせは、おいしいというだけでなく、栄養バランスも整います。ごはんに含まれる栄養がしっかり体の中で活用されるには、大豆に含まれるアミノ酸やビタミンB群が必要です。

12/12の給食

画像1 画像1
 今日の給食は、牛乳、はちみつレモントースト、キャロットポタージュ、ベーコンと野菜のソテーです。

 主食のはちみつレモントーストは、レモン果汁、はちみつ、バター、グラニュー糖を混ぜ合わせたものをパンにつけて焼きました。給食で使用しているはちみつは、東京の多摩、立川付近で採取された百花はちみつです。百花はちみつは、菜の花やレンゲなど春先に咲く花の蜜を蜜蜂が集めたものです。
 キャロットポタージュは、にんじんのペーストとジュースの両方を使い、仕上げに生クリームを加えています。

12/11の給食

画像1 画像1
 11日の献立は、牛乳、麦ごはん、かしわのひきずり、えだまめサラダ、豆乳プリンです。
 主菜のかしわのひきずりは、ニワトリの飼育の盛んな愛知県ならではの鶏肉を使ったすき焼きです。かしわは、鶏肉のことです。名古屋では、すき焼きの鍋の上で肉をひきずるようにして食べたことから、すき焼きのことを「ひきずり」と呼ぶようになりました。大晦日には、かしわのひきずりを食べて、年の終わりまで引きずってきたいらないものを、その年のうちに片づけてから新年を迎えるという習慣があったそうです。

12/8の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
 今日の献立は、牛乳、ごはん、小平冬野菜煮だんご、わかさぎの南蛮漬け、ほうれん草のごま酢あえです。

 汁物の小平冬野菜煮だんごは、小平市内の小・中学校、一部の保育園の統一メニューです。昨日小学校とBコースの中学校、市役所の食堂で提供しました。
 
 小平市内で収穫された地粉を使って煮だんごを作り、季節の小平市内産の野菜と一緒に煮こみます。煮だんごは、第二次世界大戦後の食糧難の時代に農家の家庭料理として受け継がれた小平の郷土料理の一つです。
 小平の土地は、米の栽培が難しかったため、小麦を多く栽培し、うどんやゆでまんじゅう、煮だんごなどの小麦製品を食べてきました。

12/7の給食

画像1 画像1
 12月7日の給食の献立は、牛乳、こまツナクリームパスタ、いんげんとコーンのソテー、みかんです。

 主食は、小平市内産の小松菜を使ったパスタです。小平市内では、小松菜は真夏を除き一年中生産しています。あくが少なく、彩りも良い上に、カルシウムを多く含むので給食ではよく登場する野菜の一つです。こまツナのクリームパスタを全部食べると100mgのカルシウムをとることができます。休日のカルシウム摂取量が少ないという調査結果もありますので、休日の昼食メニューにおすすめの料理です。

12/6の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ごはん、五目卵スープ、青椒肉絲、鶏ささみサラダです。
 
 主菜の青椒肉絲は、ピーマンと細切りにした肉などを炒めた中国の料理です。中国では、豚肉を使用するのが一般的ですが、日本では牛肉を使うこともあります。「青椒」はピーマン、「絲」は細切りという意味です。
 ピーマンは苦いので、苦手な子どもも多いのです。緑色のピーマンは熟していないので、食べられないように防衛しているから苦いそうです。熟して赤、黄色になると、苦みが減り、栄養価も高まります。

12/5の献立

画像1 画像1
 今日の献立は、ミルクコーヒー、マーブル食パン、タンドリーチキン、キャベツ炒め、ポークシチューです。

 主食は、普通の食パンの生地にココア味の生地をマーブルになるように練り込んで焼いた、マーブル食パンです。マーブルは、大理石のことをいいます。
 主菜のタンドリーチキンは、インドの料理です。インドの北部では、タンドールという土釜が使われていて、この釜で焼くのでタンドリーチキンという名前がついたそうです。しょうが、にんにく、たまねぎをすりおろし、ヨーグルトやカレー粉、ケチャップなどと合せたところに、鶏肉をつけこんでおきます。

12/4の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ごはん、みそ汁、ぶりの野菜あん、きのこサラダです。

 今日の主菜は、冬の旬の魚の一つ、ぶりを油で揚げて野菜を入れたあんをかけました。あんの野菜は、大根、長ねぎ、小松菜といった小平市内産の冬野菜を使用しています。
ぶりには、たんぱく質の他、脳の働きを助けるDHA(ドコサヘキサエン酸)、生活習慣病予防に効果のあるEPA(エイコサペンタエン酸)という良質な脂質が含まれています。

12/1の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
 今日の献立は、牛乳、ごはん、肉豆腐、いかのねぎ塩焼き、きゅうりとかぶのピリ辛炒めです。
 
 肉豆腐は、寒い日におすすめの料理です。とろみがついているので、冷めにくく、身体が温まります。
 右の写真は60年前の給食です。明日は60周年記念式典です。昔の給食と今の給食ずいぶんと違いますね。(60年前の写真は、独立行政法人日本スポーツ振興センターのレプリカの写真です)脱脂粉乳、コッペパン、くじらの竜田揚げなどです。
 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ

学校だより

小平市立小平第二中学校
〒187-0031
住所:東京都小平市小川東町1丁目17番1号
TEL:042-341-0244
FAX:042-341-1962