最新更新日:2020/02/21
本日:count up152
昨日:100
総数:111707
令和2年2月21日(金)来週の火曜日から学年末テストです。3連休を大切に過ごしましょう。

3/22の献立

画像1 画像1
 今日は今年度最後の給食でした。牛乳、ごはん、ふりかけ、ツナ揚げぎょうざ、わかめスープ、ヨーグルトです。

 人気のあるツナ揚げぎょうざを作りました。普通のぎょうざの皮よりも大きい直径13cmの皮を使っています。ツナ、キャベツなどの野菜を混ぜあわせたものを皮でつつみ、油で揚げています。普段揚げ物を作る時は、衣つけなど2,3人で行いますが、今日は、総勢8人でぎょうざを包みました。

 1年間学校給食へのご理解、ご協力をありがとうございました。また、来年度もどうぞよろしくお願いします。

3/19の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ミルメーク、肉うどん、里芋とこんにゃくのみそ煮、ぼたもちです。
 ミルメークは1月の学校給食週間に提供するように、当初計画してましたが、献立作成委員会の方で3月のこの日につけることになりました。

 春のお彼岸に合わせた献立です。今年の春のお彼岸は、3月18日から24日までです。お彼岸の中日は、21日の春分の日で、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」です。春のお彼岸には、ぼたもちをお供えします。ぼたもちやおはぎの原材料の小豆の赤い色には邪気を払う力があるとされており、昔は高級だった砂糖を使ったお菓子を先祖のために供え、家族の健康への願いを込めていました。

3/16の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、親子丼、五目野菜炒め、いちごです。

 親子丼は、生徒のみなさんからリクエストのあった料理です。給食では、作る料理の温度は必ず測定しています。例えば、煮えにくい材料に中心温度計をさして、85度で1分間以上加熱するという決まりがあります。
 親子丼というとたまごがとろっとした半熟の状態に仕上げるのが普通ですが、給食ではしっかりとたまごが固まるまで加熱しています。

3/15の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、ミルクコーヒー、たらこトースト、大豆のクリームシチュー、ハムと青菜のソテーです。
 たらこトーストは給食センターでは、初めて作りました。バター、ノンエッグマヨネーズ、たらこ、パセリを混ぜ合わせ、パンにぬり、オーブンで焼きました。
 大豆のクリームシチューには、ペースト状の大豆を加えました。大豆とわからずに食べた人も多いのではないでしょうか。

3/14の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今日の献立は、牛乳、ごはん、豚汁、鯖のごまだれかけ、浅漬けです。
 1年生のごはんは、小平市の防災備蓄品の一つであるアルファ化米を提供しました。
 飯缶にアルファ化米を入れ、お湯を注いでかき混ぜ、15分でできあがりました。
 給食センターでお湯を注いでいる様子も掲載しました。「ぱらぱらしている」という感想がありました。

 主菜の鯖のごまだれかけは、鯖を焼いて、しょうゆ、砂糖、赤みそ、白すりごまで作ったたれをかけています。2学期に実施した「世界に誇れる和食」のリクエスト給食の中の一つに、鯖のみそ煮が選ばれました。 給食センターでは鯖を煮るのは難しいので、調理法を変えています。 

3/13の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ナン、バターチキンカレー、フライドポテト、ビーンズサラダです。
 今日のバターチキンカレーは、カレー粉を使用しないで、給食センターオリジナルのスパイスの配合で作りました。バターをとかし、スパイスを炒め、ヨーグルトにつけこんだ鶏肉、たまねぎ、ホールトマトを加え、煮こんでいます。こくを出すために、生クリーム、白ねりごまを加えています。本場インドのバターチキンカレーは、カシューナッツのペーストを加えるそうですが、手に入らないので、白ねりごまを使いました。

3/12の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ごはん、こづゆ、鮭の塩焼き、引き菜炒りです。
 
 東北地方応援メニューとして、福島県の郷土料理を取り入れました。
 こづゆは、会津地方に伝わるお正月や冠婚葬祭に欠かせない料理です。元々は、会津藩の武家料理だったものが、庶民に伝わりました。ほたての貝柱のだしで里芋、にんじん、糸こんにゃく、しいたけ、きくらげなどを煮て、味付けをしています。会津塗りの小さなお椀に盛りつけていただきます。

3/9の給食

画像1 画像1
 今日の給食は、秋田県の郷土料理を取り入れました。献立は、牛乳、ごはん、だまこ汁、はたはたの唐揚げ、なた漬けです。

 だまこ汁は、鶏肉とせり、ごぼう、長ねぎなどの香りの良い野菜を煮込んだところに、だまことよばれるごはんから作られるだんご状のものを合わせています。
 はたはたは、秋田県ではよく食べられてる魚です。しょっつるという魚醤に加工もされます。
 なた漬けは、鉈で切った大根を塩麹、砂糖、酢、菊の花で作った漬け込み液につける料理です。今日は鉈で切ってはいませんが、鉈で切ることで断面が粗くなって味がしみやすくなるそうです。
 

3/8の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、ミルクティー、セサミパン、マンハッタンクラムチャウダー、鶏肉の唐揚げ、うどサラダです。

 飲み物は、2学期に実施した飲み物の人気投票で1位だったミルクティーです。
日本では、牛乳をベースとしたニューイングランド風のクラムチャウダーが一般的ですが、今日のマンハッタンクラムチャウダーは、トマトがベースになっています。本場のアメリカではホンビノス貝を使用しますが、日本ではアサリやハマグリを使用します。
うどは、小平市内の農家さんが作られたものです。給食センターに直接納品されました。

3/7の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、赤飯、湯葉のすまし汁、鰆の西京焼き、おひたし、卒業祝いデザート(クレープ)です。

 少し早いですが3年生の卒業をお祝いして、赤飯の献立にしました。給食センターでは、赤飯は蒸して作ることができないので、うるち米も使用して炊飯器で炊いています。
赤飯の赤い色には、古代から邪気を払う力があるとされていました。卒業後も健やかに成長することを願っています。
 デザートは、お祝いの気持ちをこめてクレープを選びました。

3/6の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、梅ちりめんごはん、みそ汁、卵の千草焼き、かわりきんぴらです。
 みそ汁の具材には、大根、長ねぎ、油揚げ、わかめといった定番のものを使用しました。みそ汁のだしは、煮干しや鰹節などが一般的です。給食のみそ汁は鰹の厚削りでだしをとり、白みそと赤みそを半々ずつ使用しています。
 みそ汁は、だしとみその組み合わせ、使用する具材によって味わいが変わるので、単純ながらも奥深い料理ですね。

3/5の給食

画像1 画像1
 5日の給食の献立は、牛乳、ごはん、カレー肉豆腐、きびなごの南蛮漬け、茎わかめサラダです。

 給食では、月に1、2回程度豆腐をメインにした料理を取り入れています。今回はかつおだしをきかせて、カレーの風味を加えたカレー肉豆腐にしました。
 きびなごの南蛮漬けは、揚げたきびなごに長ねぎ、みりん、しょうゆ、砂糖、酢、一味唐辛子で作ったたれをかけました。
 

3/2の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ちらしずし、すまし汁、ぶりの照り焼き、菜の花サラダ、ひなまつりデザート(三色団子)です。ひなまつりに合わせた献立にしました。

 ひなまつりの行事食と言えば、ちらしずし、蛤の潮汁、ひなあられ、白酒などがあります。ちらしずしは、お祝い事や節目の日に食べるハレの日の食事です。赤飯やもち、尾頭付きの魚などもハレの日の食事です。今日は、ぶりが出世魚なので、子どもたちの健やかな成長を願い、取り入れました。
 デザートは、菱もちの三色の色にちなんで、三色団子にしました。
  

3/1の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、みそラーメン、きゅうりの変わり漬け、さつまいものあめがらめです。
 みそラーメンの味付けは、赤みそ、白みそ、豆板醤を使用しています。肉と一緒に炒めることで、香りと辛みがたちます。
 さつまいものあめがらめには、鹿児島産のさつまいもを使用しています。東京都内産のはちみつを使ったたれをからめています。

 今日は3年生の給食はありませんが、明日から3年生の給食終了まで残り8回となります。1.2年生のみなさんも同じクラスメイトと食べるのは残り13回です。思い出に残る給食になるように、1食1食心をこめて作りたいと思います。

2/28の給食

画像1 画像1
 1日遅れましたが、28日の献立は、牛乳、ごはん、いかのねぎ塩焼き、ごぼうの甘辛炒め、丸ごとわかめスープです。

 汁物の丸ごとわかめスープには、六小の栄養教諭の先生から教わった料理です。わかめ、茎わかめ、めかぶとわかめの全ての部分を使うのが特徴のスープです。市内の小学校の栄養教諭、栄養士の先生方と時々給食のメニューについても情報交換をしています。

2/27の給食

画像1 画像1
 今日の給食は、ミルクコーヒー、食パン、チョコクリーム、ウィンナーと鶏肉のトマトソース煮、マカロニサラダ、デコポンです。

 ウィンナーと鶏肉のトマトソース煮は、米粉をつかってとろみをつけています。隠し味にカレー粉、バジルを加えています。
 マカロニサラダは、それぞれ塩ゆでしておき、ノンエッグマヨネーズで和えました。

2/26の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ごはん、すまし汁、ハンバーグおろしソースかけ、ゆばと小松菜の煮浸しです。

 主菜のハンバーグは、和食なので大根おろしを使った和風のソースにしました。豚ひき肉と豆腐をおよそ2対1の割合で配合して作るため、脂肪分控えめで、やわらかく仕上がっています。
 ゆばと小松菜の煮浸しは、乾燥させたゆばをだし汁でもどし、白菜、小松菜と煮て味をしみこませます。ゆばは、豆乳を加熱した時に表面にできる薄い膜です。今月は、節分があったので、様々な大豆や大豆製品を給食に取り入れました。大豆や大豆製品は、日本人の生活や和食に欠かせないものですね。

2/23の献立

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、カレーライス、野菜サラダ、ぽんかんです。

 カレーライスは、給食のメニューの中でも人気があります。今年度のカレーライスはこれで最後です。3月はナンとのバターチキンカレーの組み合わせを予定しています。
  野菜サラダのドレッシングは、給食センターの手作りで、はちみつ、なたね油、りんご酢、塩、洋辛子を混ぜ合わせ、加熱して作っています。家庭でドレッシングを作るときには、普通加熱はしないですが、給食では、食中毒予防のため一度加熱しています。

2/22の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今日の献立は、牛乳、鶏南蛮うどん、さばの野菜あんかけ、うどのきんぴらです。

 主食の鶏南蛮うどんの南蛮という料理名は、江戸時代に唐辛子やねぎのことを南蛮とよんでいたところからついています。
 副菜のきんぴらには、小平市内産のうどを使用しました。うどは、本来は山菜ですが、この辺りで作られているのは、地下に作った「うど室(むろ)」の中で日光をさえぎって栽培した白くてやわらかいうどです。「うど室」の中は真っ暗で、しゃがんで作業しなければならず、大変なため、年々うどを栽培する農家は減少しています。

2/21の給食

画像1 画像1
今日の献立は、牛乳、ごはん、味噌ワンタンスープ、青椒肉絲、大豆もやしのナムルです。
 平昌オリンピックも後半戦になりました。次の第24回冬季オリンピック大会は、2022年に中国の北京で開催されますので、給食も次のオリンピックへのリレーで中国の料理を取り入れました。
 また、ナムルは韓国の料理で、ワンタンスープの味つけは、今回は日本のみそを使っていて、韓国、中国、日本の融合した給食になっています。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学校だより

お知らせ

小平市立小平第二中学校
〒187-0031
住所:東京都小平市小川東町1丁目17番1号
TEL:042-341-0244
FAX:042-341-1962