最新更新日:2020/07/09
本日:count up4
昨日:519
総数:161109
令和2年7月9日(木) 明日、誕生日を迎える二中生は1名でした。おめでとうございます。これからも頑張ってください。

7/4 雨が止みますように

画像1 画像1
迅雷風烈には必ず変ず。
孔子は、凄まじい雷や激しい風の時には、必ず居住まいを正しいて謹慎された。という。しかしながら、九州ではそんな余裕もない程の大雨である。これ以上災害が大きくなりませんようにと切に願う。
 写真は昨日のグランド。生徒が元気に活動している。自然の前では人間の生活は無力であるが、多くの命をあずかる学校では、日頃から様々な避難の訓練を、真剣にしなくてはならない。

7/1 文学部魂

画像1 画像1
 本校には文学部出身の職員が3名いる。校門の前の一句の作者たちである。週1ペースで回ってくるので結構大変らしい。私は文学部魂を市民や生徒に魅せろ!と言っている。
 さて、ここで問題。作者の正直な気持ちを述べているのもはどれか。次から選べ。
 
 
 ア 日本語を大切にし俳句と短歌の違いを授業でしっかり教えたい
 イ これぞ国語科教師の神髄。素晴らしい機会をもらって感謝したい。
 ウ はやく自分の番が回ってこないかな。うずうずする。
 エ 校長に言われたので仕方がない。
 
 難問である。作者に聞いてみよう。

6/29 コロナ禍による新しい生活

画像1 画像1
 週末のたびに涼しいマスクを買いにいくがいつも売れ切れ。あと少しで梅雨があけ夏を迎える。少しでも涼しいマスクをと願っている。相手の表情が見れる透明のマスクもいいかもしれない。つけているのか、いないのか分からない!眼鏡やカツラのCM のようなマスクの開発を望む。
 でも、暑いからと言って不機嫌にならずに、マスクの下はいつも笑顔でありたいものでる。(写真:本日の保護者会より 参加ありがとうございました。)

6/27 梅雨時

画像1 画像1
 雨の日が続く。コロナ禍で出張が激減した。それで済むのであれば、今までもなくて良かったのではと思ってしまう。新しい働き方であり少し嬉しい。また、去年までは、いろいろな部の応援に出かけていた週末であるが、今年はそれがなく少し寂しい。
 このたび、小平市中体連では、3年生のための大会を企画しているとのこと。体力の続く限り二中生を応援に行かねばなるまい。

6/24 当たり前

画像1 画像1
 「当たり前だのクラッカー」先日、生徒の言ってみたが誰も知らない。職員にも何ですかそれと言われる。さみしい。
 さて、当たり前が当たり前でなくなったとき、それまで普通だと思っていた大切なことに気づく。制限があるからこそ、新たなことが見つかるかもしれない。今日、放課後の学校を回って思う。

6/24 クチナシ

画像1 画像1
 グランドに初夏の花、クチナシが咲く。あっという間に夏を迎えようとしている。
 お陰さまで部活も再開。放課後、中学生の頑張る姿を見ると心が洗われる。ご家庭のご協力に感謝申し上げたい。様々な制限のある中、焦らずに、ゆっくりと前進していく。

6/22 通常授業

画像1 画像1
写真は放課後の掃除のようす。
「男子と女子で分かれようぜ。」「‥‥」
ホウキを使ってのいつもの掃除風景である。段々とゆっくりとではあるが、着実にみんなで前進している。普段、家でホウキを使って掃除の手伝いをすることはあるのであろうか?
手をあわせての「いただきます」や「ご馳走さまでした」など。残念ながら我が家ではすでにない。学校ではずっとやり続けている。

6/21 放課後学習教室、7月から実施

画像1 画像1
 先月から自転車通勤に変えた。梅雨時で、先日土砂降りの中を必死にペダルを漕ぐ。何をやっているのだろうかと思う。コロナ禍である。
 さて、先週金曜日には、地域・保護者の皆様が来校され、放課後学習教室の再開に向けて打ち合わせを行った。私は出張で不在。生意気盛りの中学生に関わってくださる。究極のボランティア活動が脈々と続いている。感謝しかない。

6/16 シ〜ン

画像1 画像1
 給食の時間。シ〜ンとしている。「話をしない。」という指導を全学級で行っているため。本来であれば、班ごとに机を向き合わせて、いろんな話をしながらの楽しいひと時であったが、今がそれができずに、全員で同じ方を向いて黙って食べる。
 生徒の安全のためである。
 給食再開学のガイドライン

6/15 暑い

画像1 画像1
 今日は全学級が一同に集まった今年度最初の日。全学級で写真撮影を行う。536名、17学級が、どんどん入れ変わりする中、じっと座り続ける。暑さに負けずにそこに居ることが私の仕事。無事に終わりホッとしている。できるだけ近いうちに写真を配布させていただく。

6/13 体力

画像1 画像1
 梅雨入りとなり紫陽花が咲く。今日は1日雨の模様。そんな日は、いつもにも増して、ぼっーとしてしまう。自然の営みには決して逆らわない。
 昨年までは、この時期の土・日は、部活の応援や地域の会などの外まわりばかりであったが、今はそれがない。生活が不規則になり体力が落ちていることを実感している。きっと生徒も同じこと。成長期の中学生、とても大事な時期。あせらずに、熱中症に留意させて元気に過ごさせたい。体力は気力の源である。

6/8 ありがとうございます

画像1 画像1
 コロナ禍でいろんなことが制限されている中であるが、学校再開から2週目を迎えることができた。ありがたい限りである。今は、まさに地域・保護者の皆様の様々なご協力なしには成り立たない毎日であり、心から感謝申し上げたい。
 学校は、日常は、普通にあって当たり前と思っていたがそれは違うのだ。今、生徒がいるこのときを大切にしたい。
 

6/4 だんだんと

画像1 画像1
 学校が再開して4日が経った。
 現在、分散登校や検温など、保護者のご協力なしにはできないことばかりであり、心からお礼を申し上げたい。教室の席も市松模様のような配置で、大きく空間をとって、生徒は離れ離れに座っている。本校の大きな特色である話し合い活動ができなくなった。コロナ禍であっても主体的・対話的で深い学びの実現を模索している。

6/1 お陰様で

画像1 画像1
 お陰様で学校を再開することができた。6月1日。今年2020年前半の最後の一か月となった。生徒が登校し、静寂の中でのスタート。例年、大きな声で、元気よく叫んだり、走ったりする生徒がいるものだが、今年はそのような光景が全くない。生徒も考えるところがあるのであろう。
 人数を少なくすると、こういう雰囲気になるんだということも実感できた。朝と昼の2回、校門に立つ。朝礼と昼礼で同じ話をした。だんだんと生徒も職員も慣れていくと思う。

5/26 空間的な距離

画像1 画像1
 今日から第3回の相談日が明後日まで続く。今日はG組と3年生の相談日であった。先生方は忙しそうである。暇なので多くの生徒を話をする。「背が伸びましたね。」「はい。身長が止まりません。」成長期ならでは会話である。
 人と人の距離は、今後の感染防止対策の中でも重要なポイントのひとつ。しかし、人と人との距離は遠くなっても、心の距離は近くありたい。今日つくづく思った。マスクで生徒の表情がわからないのである。学校には、今後このような矛盾を、なんとか乗り越えていく工夫も求められている。

5/22 手帳

画像1 画像1
 最近、手帳を変えた。3月末に予定を入れていたノートが全く役に立たない。今、まっさらな手帳をポケットに入れている。今度こそ予定を入れてその通りに実行したい。
 まっさらの手帳で気分を一新させ、また6月から踏ん張りたい。今日は朝からずっと会議。制限のある中で二中生にとって1番の1学期を過ごさせたい。。

5/20 研究授業

画像1 画像1
 教師と泥棒は自分の仕事を人に見せたがらないとも言う。一理ある。
 今年度は本校に2名の新規採用教員が赴任した。本来であれば、今ごろは日々の授業で、始めての経験をしながら忙しい毎日を過ごしているのだが、今年はそれが叶わない。本人たちもさぞ不安であろう。そこで今日はまわりの先生が皆で生徒役となり、授業の研修会を行う。温かい。これからも教科担任制に関係なく、教科を超えて言いあいたい。

5/15 らんま

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本校は古き良き伝統が、教室のらんま(欄間)やその鍵に表れている。今どきあまり見かけないのだが現在もしっかり使っている。4年前、最初にみた時は感動すら覚えた。木製のらんまやドア、ガラスの窓も含めて、大切に使わせたい。
 3つの密を避けるため、ここも開けたままにし、外窓を開けて風を通す。小さなことだが大事にしていきたい。密閉度の高いサッシの窓と違い、二中は閉めていても通気性が良い。ありがたい。

5/14 鷺

画像1 画像1
 小川駅から新宿への行く途中、鷺ノ宮という駅がある。この頃、散歩の折に鷺をよく見かける。白鷺やゴイサギである。その昔、鷺ノ宮駅周辺には、サギがたくさん住んでいたのであろうか。
 地名には、その地域の地形や歴史がある。ちなみに開校当時に本校の写真64年の学校の周りはこのとおり。
 

5/13 三日坊主

画像1 画像1
 毎朝、散歩に出ている。昔は1分でも寝ていたかったが、今は違う。もう寝れないのである。
「早起きは三文の徳」と言うが、三文どころか至福の時である。入学式や卒業式の式辞はだいたいそこで決まる。この頃は私の散歩コースで、多くの若者がランニングをするようになった。何か思うところがあり眠いのに頑張って起きる。その心意気や気持ちを応援しているが、続いてだいたい三日ぐらい。まさに三日坊主。しかし、三日坊主を10回やれば30日も頑張ったことになる。それでいい。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事等
7/10 尿検査2次予備
放課後学習教室(15:30〜17:30)
7/13 朝礼 1校時生徒総会

お知らせ

学校だより

保健だより

進路関係配布文書

小平市立小平第二中学校
〒187-0031
住所:東京都小平市小川東町1丁目17番1号
TEL:042-341-0244
FAX:042-341-1962