最新更新日:2020/07/07
本日:count up249
昨日:557
総数:160298
令和2年7月7日(火)七夕です。本日、誕生日を迎える二中生は1名です。おめでとうございます。

1/31の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、コッペパン、りんごジャム、ワンタンスープ、くじらの竜田揚げ、春雨サラダです。

 第二次世界大戦後に給食の提供が再開された後の給食のメニューを取り入れました。
当時のパンは今のパンよりも大きく、食べごたえがありました。主菜のくじらの竜田揚げは、戦後の食糧難の時代に、貴重なたんぱく源として日本の食卓を支えてきました。
 昭和36年の小平第一小学校の給食の献立台帳をひもとくと、竜田揚げ以外にも大和煮などくじらを使った料理が出されていました。

1/30の給食

画像1 画像1
 30日の献立は、牛乳、茶飯、おでん、ひじきと小松菜のサラダです。

 今回の茶飯は東京流のしょうゆを加えて炊いた茶飯です。おでん、燗酒と屋台でセットで売られていました。
 おでんは、元々は豆腐を串に刺したものを焼き、みそをつけて食べる田楽という料理でした。次第に、こんにゃくや里芋も同じように提供されるようになり、関西に伝わり、煮こみおでんが主流となっていきました。現在は、各地方に伝わり、家庭や地域により、入れる材料や味つけが異なります。みなさんのご家庭ではどんな具材を入れるでしょうか。

1/29の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、豚キムチ丼、ビーフンソテー、ぽんかんです。豚キムチ丼に使用した白菜キムチは、韓国の漬物で、漬けてから時間がたつと味が変化し、酸味が出てきます。韓国の家庭では、酸味が出た白菜キムチを肉や野菜と炒めて食べるそうです。
 また、豚肉には、体の疲れを取り除く働きのあるビタミンB1が豊富に含まれているので、受験生の3年生のみなさんに特におすすめの食材です。

1/26の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ごはん、けんちん汁、鮭の塩焼き、煮浸しです。

 日本で最初の給食に合せて考えた献立です。日本で最初の給食は、明治22年に山形県の私立忠愛小学校で提供されたと言われています。家が貧しくて、お弁当を持ってこられない子どものために、小学校を建てたお坊さんたちががおにぎり、焼き魚、漬物といった昼食を出したとされています。
 今日の献立では、おにぎりの代わりにごはん、焼き魚を取り入れ、栄養面を考えて、煮浸し、けんちん汁を組み合わせました。

1/25の給食

画像1 画像1
 25日の献立は、牛乳、シュガー揚げパン、ポークシチュー、ハムと青菜のソテーです。
材料の都合により、ソテーにはチンゲンサイが入る予定でしたが、キャベツに変更になりました。

 24日から30日は全国学校給食週間ということで、昔の給食などを出しています。揚げパンは、第二次世界大戦後に再開された給食で誕生した料理です。第二次世界大戦後の日本は食料が不足し、子どもたちの栄養状態も良くありませんでした。当時の給食は、外国から援助を受けた小麦粉で作るパンが主食で、その他におかずが1、2品つくという形でした。揚げパンは、栄養的にはエネルギーが高い料理です。子どもたちの栄養状態を考えて、東京都大田区の小学校で最初に開発されたとされています。

1/24の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
 今日の献立は、牛乳、深川めし、ムロアジのつみれ汁、明日葉とツナのマヨネーズ和えです。
 東京都の郷土料理である深川めしを取り入れました。深川は、江戸時代には漁師の町として栄え、魚介類やのりなどをとる漁師が大勢いました。忙しい漁の合間に手早く作れて、栄養もあるあさりを使った深川めしを考えだしたと言われています。  
また、汁物に使用したムロアジと和え物に使用した明日葉も東京都の伊豆大島や八丈島などでとれたものです。

 職員室前に東京の島でとれる特産物である、ムロアジ(大きい方)と比較品としてマアジ(小さい方)、明日葉、天草を展示しました。

1/23の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ちゃんぽんめん、浦上そぼろ、手作りカステラです。

 明日から全国学校給食週間が始まります。今月は日本の郷土料理や昔の給食の料理を取り入れています。今日は、長崎県の郷土料理を取り入れました。
 浦上そぼろは、ポルトガルの宣教師が、肉を食べる習慣がなかった日本人に、野菜と肉を料理することを教えたとされています。そぼろの語源は、ポルトガル語で「粗いせん切り」という意味です。

 今日は、雪の影響で青果市場に届かない材料があり、別のコースの学校のメニューに変更がありました。学級閉鎖の次は雪で、ここのところ現場は大忙しです。

1/22の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ごはん、かきたま汁、ぶり大根、おひたしです。

 冬に旬を迎えるぶりを使って、ぶり大根を作りました。ぶりは特に西日本で多く食べられ、お正月に欠かせない魚でもあります。ぶり大根は、富山県の郷土料理です。富山湾では、良質なぶりが多くとれ、照り焼きやなますなどのぶり料理が生まれてきました。
給食では、ぶりのあらではなく、ぶりの身に下味をつけて油で揚げたものと大根などの煮物を合わせて作ります。魚の臭いが苦手な人も食べやすいです。

1/19の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、うず巻きパン、白菜のクリーム煮、鶏肉の照り焼き、ビーンズサラダです。

 今日の白菜のクリーム煮には、小平市内産の白菜を使用する予定でしたが、品物がなくなってしまい、八百屋から購入しました。普段の年に比べると、白菜が約3倍の値段になっています。残念ながら少しだけ白菜を減らして、たまねぎを多くして値段を調整しました。他にも、キャベツや大根など給食に欠かせない野菜も高騰していて、やりくりに苦労しています。

  

1/18の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、野沢菜とじゃこのごはん、大平(おおびら)、わかさぎのかりんと揚げ、イカの和え物です。

 今日の献立は、1年生のスキー教室の行き先である長野県の特産物や郷土料理を取り入れました。残念ながら1年生はA組以外は学級閉鎖で食べられませんでした。
 野沢菜は野沢温泉周辺、わかさぎは諏訪湖の特産物です。大平は、木曽地方の郷土料理で冠婚葬祭には欠かせない料理です。「おおびら」とは「大いなる大地」を意味し、大地の恵みである野菜を集めて煮こんだものという意味です。
イカの和え物は、今回は入手できず普通のイカですが、本来はイカの塩漬けを使って作ります。その昔、北陸で捕れたイカに保存がきくよう塩を詰めて、海の無い長野県まで運んでいたという伝統食です。

1/17の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、麻婆丼、五目野菜炒め、ぽんかんです。

 主食の麻婆丼は、麻婆豆腐をごはんにかけて食べてもらいました。1人当たり豆腐を約1/3丁分使用しています。給食では、煮くずれないように、木綿豆腐をさらに水切りして、かたくしたものを使用しています。お店の麻婆豆腐のように辛くはありませんが、栄養バランスの良い一品です。
 

1/16の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、レモンティ−、カツカレー、イタリアンサラダです。
 
 飲み物は、2学期に実施した人気投票で2位に輝いたレモンティーです。主食は、3年生のみなさんの受験を応援して、カツカレーにしました。それぞれ希望する学校に合格してほしいという願いをこめています。今日のトンカツは豚のヒレ肉を使っています。
 豚肉には、ビタミンB1が多く含まれており、体の疲れを取り除く働きがあるので、受験勉強で疲労を感じた時は豚肉料理を食べるのをおすすめします。

1/15の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、年明けうどん、えびの天ぷら、筑前煮です。

 主食の年明けうどんは、香川県発祥の料理です。「うどん県」として有名な香川県では、昔からハレの日にうどんを食べる風習があります。金時にんじんやえびなどの紅い食材とうどんの白とでおめでたい組み合わせです。うどんは太くて長いので、健康長寿への願いが込められています。
 小平でも、お正月やおめでたい席でうどんを手打ちする風習がありますね。

1/12の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、ほたてめし、石狩汁、鱈の親子焼き、茎わかめサラダです。

 北海道の郷土料理の一つである石狩汁と特産物を使った献立にしました。ほたて貝やたらは北海道の特産物です。
 石狩という名前は北海道の地名からきています。もともとは、漁師さんたちが食べる鍋料理で、ぶつ切りにした鮭や白子、筋子を主材料に季節の野菜や焼き豆腐加え、みそで味つけしたといわれています。
 たらの親子焼きは、たらに塩、こしょう、白ワイン、たらこ、卵なしのマヨネーズを混ぜ合わせたものをたらにからめて焼きました。

1/11の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、牛乳、食パン、クリームチーズ、チリコンカン、ツナサラダです。
  
 主食の食パンには、クリームチーズをぬって食べます。主菜のチリコンカンは、テキサス州南部で考案されたといわれており、アメリカ合衆国の国民食ともよばれている料理です。トマトの缶詰やケチャップ、ピューレ、チリパウダー、オレガノ、ロリエ、塩、こしょうなどで味付けをしました。

1/10の給食

画像1 画像1
 3学期の給食始めの献立は、牛乳、七草ごはん、白玉雑煮、松風焼き、栗きんとんです。お正月、七草、鏡開きに関連した献立です。
 お正月のおせち料理から、松風焼きと栗きんとんを取り入れました。
 1月7日の七草は五節句の一つで、七草がゆを食べます。給食では、味付けした七草をごはんに混ぜ込みました。
 白玉雑煮は、お正月のお雑煮と鏡開きの両方の意味をこめています。東京地方風に鶏肉、小松菜を使ったお雑煮です。野菜が不足しないように、大根やにんじんも加えました。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事等
3/6 都立2次出願
3/7 都立2次願書取り下げ
3/8 保護者会(3年)
都立2次願書再提出
3/9 都立2次入試
進路関係
3/6 都立2次出願
3/7 都立2次願書取り下げ
3/8 都立2次願書再提出

お知らせ

学校だより

小平市立小平第二中学校
〒187-0031
住所:東京都小平市小川東町1丁目17番1号
TEL:042-341-0244
FAX:042-341-1962