最新更新日:2020/06/02
本日:count up179
昨日:692
総数:84440
6月から分散登校が始まりました。詳しくは、学校からのお知らせや学年のページをご覧ください。

5/20 開校記念日

画像1 画像1
 昨日から雨が断続的に降り続いている。そんな中、昨日は、2年生・5年生・けやき学級の相談日だった。来ていただいた保護者の方、子どもたちに感謝している。今日は、1年生と6年生の相談日である。雨は朝のうちに上がる予報なので、ご協力をよろしくお願いしたい。特に1年生は、学校再開を意識して、保護者の方と一緒に通学路を歩き、登下校の練習もしてほしい。
 さて、先週5月16日(土)は、本校の52回目の開校記念日だった。本来なら、先週の全校集会で開校記念集会を行う予定であったが、臨時休業期間中だから当然できなかった。だから今日は、本校の歴史について書くので、子どもたちにもぜひ読んでほしい。

 十二小が開校したのは今から52年前の昭和43年である。お隣の小平一小から、独立した。1〜5年生、10学級346名でのスタートだった。当時の写真や10周年記念誌を見るとは、校庭には木が1本もなく、固定施設もなく、校庭というよりは原っぱといった感じだったようである。また、学校の周りも畑が多かったようだ。その後、校舎が徐々に増築され、プールや体育館も完成した。また、当時の地域や保護者の方々が、草花や樹木を、教職員と一緒に植えてくださるなど、環境整備をお手伝いしてくださったようだ。
 児童数のピークは昭和54年で1117人在籍していた。そのため、昭和55年に、本校から分かれて、上宿小学校が開校した。その後、児童数が徐々に減りはじめ、平成の時代に入ると少し児童数が増えた時期はあったが、平成11年度から27年度までは、児童数も400名前後、12学級が続いた。しかし、ここ数年、学校周辺の区画整理が進み、住宅や公共施設が建ち始め、児童数も増えてきた。(さらに幹線道路の開通に伴い、校庭が狭くなり、シンボルだったケヤキも伐採された。)今年度は、久しぶりに児童数が600名を超えた。600名を超えたのは、実に昭和55年度以来、40年ぶりのことである。本校が大きな学校と思われている方もいらっしゃるが、大きな学校になったのは、ほんのここ数年のことなのである。

 本校の歴史の一端を紹介した。今日は以上である。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
小平市立小平第十二小学校
〒187-0032
住所:東京都小平市小川町1丁目464番地
TEL:042-342-1761
FAX:042-342-1760