最新更新日:2020/12/04
本日:count up35
昨日:122
総数:107900

図工室より 4年生「Oi! Bom bom」(2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
土の入ったカップがずらりと並ぶ図工室にやって来た4年生。
自分たちで取ってきた「土」に「のり」と「水」を混ぜて、オリジナルの土絵の具の完成!
大昔に描かれたどうくつの壁画や、自分たちでつくった土絵の具から感じたことや思いついたことを基に描きます。

「うわ、すごい!本当に絵の具みたい!これで描けるんですか?」
―――描いてみてごらん。わからないことは、自分でやって確かめてみましょう。
「先生、筆じゃなくて手で描いてもいいですか?」
―――もちろんです。土絵の具を触って、そこから何かピンとくるかもしれません。

中庭やプールの裏など、学校の中のいろいろなところから集めた土は色や感触も少しずつ違います。
覚えたり教えられたりするだけが勉強ではありません。
自分でやってみたり感じてみたりしながら図工の学習をしていきます。

図工室より 3年生「ミライノカタチ」(3)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
新聞紙とアルミホイルで今までにない新しい形をつくりだす「ミライノカタチ」。
完成した作品のよさをみつけたり、伝え合ったりする鑑賞会を行いました。

「あれ?この作品こっちからみたら違う感じがしておもしろい。」
「先生、これは未来にしかない★★なんです。」
「〇〇さんの作品の形が、自分にはない発想だったのでいいなと思いました。」

新聞紙とアルミホイルという、家庭でも揃えられる身近な材料も使い方と工夫次第で素敵な作品に仕上がります。
世界に一つしかない作品について、ぜひご家庭でも話を聞いてみてください。

図工室より 3年生「ミライノカタチ」(2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
担任と教室で学習する時間と、専科教員と図工室で学習する時間がある3年生の図工。
教室と図工室との入れ替えがあり、担任の先生との学習を終えたクラスが図工室にやってきました。

「新聞紙をむすんでみました。これからさらにむすんでいきます。」
「とりあえず丸めていって、そこからどんなことができるか考えます。」

同じ『ミライノカタチ』でも、クラスが変われば子どもも変わり、子どもが変わればつくり方や出来上がりも変わります。
今度はどんなつくり方でどんな作品ができあがるのか、今から楽しみです。

図工室より 4年生「Oi! Bom bom」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
水彩絵の具、クレヨン、版画インク、いろいろな材料で絵を描いてきた4年生。
最後に絵を描く材料は・・・・土!?
15,000〜20,000年前に描かれた洞窟の壁画を鑑賞した後、描くのに必要な土を取りに外へ飛び出しました。

「土って場所によって、こんなに色が違うの!」
「こっちの土の方がちょっと温かい。こっちは冷たい。」
「先生、やわらかいのとか、ちょっと湿っている土もありました。」

目や手で土のよさや違いを感じることができた4年生。
自然って楽しい!
自然って美しい!


「先生、『Oi! Bom bom』ってどういう意味ですか?」
と、ある子に聞かれました。深い意味はないのです。
言葉や文字の発達していない原始時代。そんな時代に生きていたクロマニヨン人になるのです!

図工室より 6年生「スパカキラ」(2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
切り絵を製作中の6年生。
最初はただの黒い画用紙だったのものが、徐々に自分だけの不思議な絵や柄が出来上がってきました。

「あれ?文字を切ったら鏡文字になっちゃいました。どうすればいいんだろう。」
――よく気付きました。鏡文字にしたくなかったら、そこも工夫しないといけないポイントですね。
「先生、力が入りすぎて紙を切りすぎちゃいました。どうしたらいいですか。」
――最後は色画用紙にのりで貼るから大丈夫。バラバラになってしまった紙もなくさないように。次から気をつけましょう。

図工の時間では、「間違えた」「思い通りにいかなかった」そんな体験もあります。
でも失敗ではありません。どれも成功の途中。
それを学びの大切な経験にするのです。

図工室より 5年生「伝統文様から」(2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
ずっと長く愛されるよさのある伝統文様。
5年生は、これから伝統文様として愛されるような文様を彫り進み版画で製作中です。

「この後、ここを彫って、その次にここを彫ります。」
「え〜色どうしようかな。赤にしようかな。いや、やっぱり赤は最後がいいかも。」

彫る、紙に写す(刷る)、彫る、紙に移す(刷る)。
同じことを繰り返す彫り進み版画は、頭が混乱しがちですが、しっかりと見通しをもち考えながらつくっています。

図工室より 4年生「アートの感じ」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
長く製作していた「ギコギコマイギター」が終わり、ひと段落した4年生。
製作はちょっとお休みして、アートカードを使った鑑賞の勉強をしました。

ムンクの『叫び』を見て
「不気味な顔でこわい感じがします。」
という感想をもつ子もいれば、
「この人の前にパンケーキとかお寿司とか、おいしそうなものがあってそれを見ている顔だと思います。」
という理由でおもしろい絵だと感じる子もいます。

作者の考えをくみ取って鑑賞することも大切ですが、自分で見たものを自分なりの感じ方や考え方で味わうことも大切です。
感じたことや考えたことを友達とも話し合い、アートの見方や感じ方を広げられました。

図工室より 5年生「伝統文様から」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
昔から今でも長く伝統的に使われている模様や柄のことを「伝統文様」と言います。
世界中の伝統文様を鑑賞した5年生、次は自分自身の手で自分だけの文様を彫り進み版画で表現していきます。

「先生、私はこう彫った後に、周りはこんな感じにします!色ももう決めました。」
「え〜どうしようかな。とりあえずこことここを彫ってから、続きはやりながら考えてもいいですか?」

どんな作品をつくるか最初から決められる人もいれば、やりながら自分のやりたいことを見つけられる人もいます。
手順が少し複雑な彫り進み版画ですが、どんなことをするのかさえ理解できれば、「こうしたい!」を見つけるタイミングは人それぞれです。
それぞれのやり方で、自分の「こうしたい!」を見つけてつくっていきます。

図工室より 6年生「スパカキラ」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
「先生、次の図工は何をするんですか?」
「平面作品をつくります。でも絵の具は使いません。版画も違います。」
「え?そんな作品あります?」

答えは「切り絵」です。
6年生は半分に折った黒い画用紙をカッターで切って不思議な柄や模様をつくり始めました。

スパっと切って
パカっと開いたら
キラっと輝く素敵な作品。
図工室でカッターを使い始めた3年生の頃よりも思い通りにカッターを使えるようになった6年生。
自分で考えた形をスイスイスパスパと切り進めています。

図工室より 3年生「ミライノカタチ」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
丸い形、長い形。持ちやすい形、バランスのいい形。かわいい形、ビシっとした形。
世の中にはいろいろな形があります。
今回3年生がつくるのは誰も知らない、誰も見たことがない、未来にしか存在しない未来の形です。

新聞紙をぐしゃぐしゃと丸めながら
「いいこと思いついた!先生、途中でつくるものを変えてもいいですか?」
新聞紙を組み合わせて
「なんかへんてこでふしぎな形ができました。こんな形のものあります?」

つくって、つくりかえて、つくりだしていく3年生。
新しい未来の形がうまれてきています。

図工室より 5年生「わたしのくつ」(鑑賞会)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
自分のくつをじっくり見て描いた「わたしのくつ」。
出来上がった作品をクラスのみんなで見合う鑑賞会を行いました。

描いている時から
「○○さん、すごい上手!」
「△△さんのくつの置き方おもしろい!」
など、製作途中からお互いの作品を見合っていたのですが、コンテや色えんぴつで細かいところまで描きこんで出来上がった作品はより見ごたえのあるものになりました。

図工室より 3年生「くぎうち名人」(3)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
それぞれが考えた自分なりのひげの王様をつくった「くぎうち名人」の鑑賞会を行いました。
鑑賞会では、同じクラスの友達で作品を見せ合って、いいところを伝えたり味わったりします。

「ねえ、ちょっと見て。ぼくのはね、かんむりじゃなくて、バンダナを巻いている王様。」
「○○さんの王様かわいい。今度ちょっとまねしてもいい?」
「△△さん、これ何?どうやってつくったの?え、そんなつくり方あるんだ!」

ひとりで集中してつくる時間も大切ですが、友達と作品を見せ合うことも大切な学びの時間です。
友達に自分の作品のいいところをたくさん見つけてもらえた3年生。
うれしくもあり、少し恥ずかしそうでもありました。

図工室より 6年生「My Time」(2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
自分のゆめをテーマに時計づくりをしている6年生。
一枚の板からそれぞれのゆめの形が出来上がってきています。

「獣医さんになって、苦しんでいる動物をなおしてあげたい」
「世界で活躍するサッカー選手になって、子どもに夢をあたえたい」
「やさしい人になって、困っている人を助けられるようになりたい」

表現するゆめは職業だけではありません。
これからどんな人になりたいか、どんなことをしたいかなど、生き方や自分のいのちの役割についても考えている6年生です。

図工室より 5年生「わたしのくつ」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
いつも履いているスニーカー、大切なサッカーのスパイク、お気に入りのサンダル。
5年生は水彩画で自分のくつを描いています。

「これは私のファーストシューズです!これを描きたいから持ってきました。」
「こんな置き方したいんですけど、何か支えるものありませんか。」
「今までの図工で一番の自信作ができそうです。」

じっくり見て、じっくり描く自分のくつ。
迫力があったり、写真のように本物そっくりだったり、それぞれいい作品が出来上がりそうです。

図工室より 4年生「ギコギコマイギター」(2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
ギコギコ ギコギコ
トントン ドンドン
のこぎりを使って、金づちも使って、絵の具で色をつけて。
自分の手で、自分が考えた、自分だけのギターをつくっている4年生。

紙やすりを丁寧にかけて、自慢げに
「先生、さわってください。すべすべ!」
クランプを使って、木材と机を固定して
「先生、斜めに切れましたよ。」

ギコギコ ギコギコ
トントン ドンドン
12月に入り外の風が冷たくなってきましたが、一生懸命のこぎりや金づちを使う図工室は、今日もあたたかいです。

図工室より 6年生「My Time」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
十一小学校では毎年6年生が時計を工作しています。
自分のゆめをテーマにした時計づくり、今年の6年生にもずっと楽しみにしていた子もたくさんいました。

まずは4年生や5年生でやってきたことやつくってきた作品をムービーで振り返りました。
「あ、〇〇さんの作品だ、懐かしい。」
「あーこれやったー。」

水彩絵の具での着色、電動糸のこぎりで板を切る、金づちでくぎを打つ、彫刻刀で彫って表現する。
今までやってきた経験、そして培ってきた図工の力をフル活用してつくる
My Time(大夢)

図工室より 4年生「ギコギコマイギター」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
木版画で彫刻刀の扱いに慣れた4年生、次はのこぎりに挑戦です。
一人一本、自分の身長よりも長い木から、世界でたった一つ自分だけのギターをつくります。

「押さえててあげるから切っていいよ。」
「よし、切れた!のこぎり結構かんたん!」
「どういうギターをつくろうかなぁ。よし、○○のギターにしよう!」

すぐにのこぎりの扱いに慣れはじめ、どんどん木を切っていく子。
図工室にある本物のギターを見たり触ったりしながら完成のイメージを広げる子。
それぞれ考え方やつくり方は違いますが、どの子も自分なりの思いをもって活動しています。

図工室より 5年生「ズラシックパーク」(2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
のこぎり・電動糸のこぎり、絵の具、ボンド、かなづちとくぎ。
今まで学習したいろいろな工作の技を使ってつくってきたズラシックパークもいよいよ完成です。

「待って、こっち押さえといてあげる。のこぎりは引くときに切れるからね」
「これさ、こうしてこうしたらもっと立体的な感じになるんじゃない?」
「○○さん、すごい!こんなに細かいのどうやってつくったの?」

つくっていく段階でも、授業中に自然と関わりあうことの多い5年生。
協力し合い、刺激し合い、よさを認め合い、活動していました。

図工室より 3年生「もくもくランド」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今年度の3年生の図工は担任と教室で学習する時間と、専科教員と図工室で学習する時間があります。
期間を分けて2クラスずつ図工室で学習するので、久しぶりに図工室に来る子どもたちもいるのです。
久しぶりに図工室に来た3年生を迎え入れたのは、いろいろな形をしたたくさんの木切れ。
並べたり、積み上げたり、ひっかけたりして、木と、そして形となかよしになります。

いろいろな形の木を床に並べて、
「この形とこの形を合わせれば・・・お、いい感じ!」
友達のつくっているものを見て、
「ねえねえ、これってみんな違って、みんないいじゃない?」

変えられない形も、見方や考え方、組み合わせ方でいろいろなものに変化させていきました。

お宝のご寄付、ありがとうございます

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
以前にご家庭で不要になった身辺材料を集めていますとお伝えさせていただいたところ、たくさんの「お宝」をいただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。誠にありがとうございます。

ペットボトルのキャップ、毛糸、ボタン、スチロールのトレイ、いろいろな形に切れるはさみなど、どれも大切に活用させていただきます。

図工室では、まだまだ多種多様なものを集めております。新聞紙、ワイシャツ等の古着、透明なトレイやカップ、牛乳パックなど、ごみとして捨ててしまうものをお子様に持たせるなどして図工室までお願いいたします。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
3/9 避難訓練
3/13 CS会議
小平市立小平第十一小学校
〒187-0002
住所:東京都小平市花小金井4丁目16番1号
TEL:042-462-0810
FAX:042-462-2077