小平市立小平第十一小学校

図工 5年生「こころのもよう」

目ではみえない自分のこころを、絵の具を使って目でみえる形や色で表現した5年生。
作品も完成し、自分や友達の作品のよさや、自分たちの違いをみつけ合う鑑賞会もしました。

描いたもようを自慢げにみせて
「先生、これどうやってかいたかわかりますか?」
自分が描いたもようをみて
「ん〜これどんな気持ちかな。なんだろう・・・。」
鑑賞会で友達の作品をみて
「同じ色でも、自分とは違う感情を表現している人がいました。」

みえないものをみえるもので表現するのですから、こたえは一つではありません。
自分のだしたこたえと、友達のだしたこたえと、それぞれを比べて違ったよさがあることを感じ取ることができました。



【専科】 2020-07-27 10:11 up!

画像1
画像2
画像3